2009年10月06日

仮面ライダー電王の感想

先日、久しぶりに仮面ライダー電王を見ました。

主人公の良太郎(佐藤健さん)がすごくひ弱な少年から仮面ライダー電王になり、4匹のイマジンとともに戦うことで成長していき、世界を救うという壮大な話ですが、
イマジンはほんとに特徴ありますね。

・モモタロス
あついやつ
・ウラタロス
クールなうそつき
・キンタロス
常に真剣
・リュウタロス
答えはきいてない!

イマジンに体をのっとられたときに、ここまで特徴がはっきりしていて、異なるキャラを演じた佐藤健さんはやはりすごいなぁと思いました。
ただ変身形態が多いだけではなく、キャラも個性的というのはこれまでになかったものだと思います。
数ある平成ライダーシリーズでも電王は人気があるのがわかった気がしました。
タグ:電王 TV
posted by ひろ at 20:07| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。